★≡Hot news!(最新情報)

2024-02-13 15:50:00

 

能登半島から金沢市へ2次避難された被災者の方々に1回100人分の炊き出しをされている

「かなざわオープンキッチン」へ。

 

240213野菜支援の葉物ー中村くらしを見直す会からかなざわオープンキッチン.jpg

 

NPO法人 森の遊学舎(岐阜県郡上市)のつながりでお預かりした志縁金を使って、野菜支援10回を決定しました。

まずは2月13日、18日、21日の3回分がはじまりました~。

 

第1便が現地に届いています。

今回は中村くらしを見直す会(高知県四万十市)https://www.facebook.com/kurashi.40010

 の皆さんにご協力をいただきました!ありがとうございます!

 

この野菜や食材は2011年、東日本大震災で被災した子ども達の心身が元気になる保養プロジェクト「こめらの森・南会津」を森の遊学舎が主宰していた時からのおつきあいで実現しております。

 

またかなざわオープンキッチンとのつながりも、能登保養PROJECTを主宰していた田谷さんからのご依頼です。

 

この緊急事態の中で、人と人のつながりを深く感じております。

みなさん、ありがとうございます!

 

2402012月の活動予定ーかなざわオープンキッチン.jpg

===以下、活動紹介

 

かなざわオープンキッチン

代表者:小尾香(おびかおり)

 

R6.1.1能登地震をきっかけに繋がった人達とのキズナを深めるコミュニティです。

現在の主な活動内容は金沢へ2次避難して来られた方達への栄養価の高い食の提供です。

心にも身体にも環境にも社会にも良い循環を生み出して行きます

 

ホームページ>>>

https://openkitchen.my.canva.site/top?fbclid=IwAR2tJFlzXk0zZKaMbLMQsrTLW7aNdCnWv5Rj4GTTVo57BTP9_5Nsfb8m90w#%E9%A3%9F%E6%9D%90%E5%8B%9F%E9%9B%86

 

インスタグラム>>>

https://www.instagram.com/kanazawa_open_kichen

 

Facebookページ>>>

https://www.facebook.com/profile.php?id=61555563669440

 

===かなざわオープンキッチンのご紹介ここまで

 240213野菜支援の内容ー中村くらしを見直す会からかなざわオープンキッチン.jpg

森の遊学舎から

 

■活動志縁金・ご寄付・カンパのお願い

 

終わりの見えない惨憺たる状況に全力を向けて動いてきたら、

少しずつ変わってくる気配を感じています。

 

共感をもって応援して下さる方や遠方や様々な理由で

現地へ行けないが想いを共にしてくださる方々は、

活動に必要な志金を援助いただけませんか。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

用途)

現地への緊急支援物資・食糧の購入や支援者派遣に関わる高速代、燃料費、支援に必要な機材購入費、人件費、傷害保険料など。

 

被災者へ分配される「義援金」とは違い、

被災者を支援する活動についてのご寄付となりますのでご理解ください。

 

★お振込み先★

トクテイヒエイリカツドウホウジン モリノユウガクシャ

 

●ゆうちょ銀行口座間の振込

ゆうちょ銀行 記号 10420  番号 25036271

特定非営利活動法人 森の遊学舎

 

●ゆうちょ銀行以外の金融機関口座から

ゆうちょ銀行 店名 〇四八(読み ゼロヨンハチ) 店番  048

普通預金 番号 2503627 特定非営利活動法人 森の遊学舎

 

お手数ですが、

お振込みいただいた方はお名前などを森の遊学舎へメールやメッセージにてご連絡ください。

 

緊急活動のため、御礼状に代わるメッセージなどは

日々の報告にてかえさせていただきます。

会計報告は別途、活動終了後にさせていただきます。

240213野菜支援の椎茸が届いたー中村くらしを見直す会からかなざわオープンキッチン.jpg

 

★活動志縁金のカンパやお振込み感謝です!!(敬称略・更新中)

飯島俊輔

川村ゆうこ

廣瀬恵

谷口智一&千春

タクサンノアイデツツンデ

原田守啓

ワイルドツリ- ヒラガ

井上家

中村美紀

ヤマモト コウ  

オテントコドモシヨクドウ

サカネ ユウタ  

ハナワ イズミ  

シモダ ヨウコ

ハシモトナリタカ

ヒラノ アキヒデ

ハヤシ マサミ 

ナカ゛ヤ チエコ  

カカ゛ワ カナコ  

キクチ タクヤ

トクメイキボウ

ヤスタ゛エリ ヤスダノウエン

ワカハ゛ヤシ サエコ  

ホリ タクマ 

シラキ サチ 

ウチタ゛ ユウコ 

中井 大介

カ.ツナク゛サトヤマ  

カブシキガイシヤ サカイケンチクジムショ  

ヨコミネ アユミ

坪井 香利

REALLY APPRECIATE YOUR ACTIVITY SUPPORT.

細江 まり子

オオクホ゛ カコ 

山本 綾乃 

コハ゛ヤシケンイチ

サトウヒロシエント゛ウアキ

ク゛シ゛ヨウナンテンフエス

梁取 明子

岩井 繁樹

小林 幸夫 

奥田 美和子

伊藤 智美

松田 智子 

半谷 美野子

近藤 千春

トクメイ

タカハシ ナカ゛ラ

畑野 綾  

フナキ リツホ ホ゜ロト  

迫田 庸恵  

ナカ゛ヌマ ヨシヒロ 

スス゛キ ヒロノリ

斉藤 万里子

本家 直樹

カワイヒロキミカ

田村睦

アーススパイラルナカモリ

高橋泰子

セノウフエリコ

笠野明美

三澤真也

ヤマハタヒロユキ

坪井涼子

カワダサチヨ

モロハシカヨコ

山田麻子

フジタマサヒロ アサコ

石垣島語りと音楽の会

(宗永智将、山田陽子、大木直子、安里勇、菅原とき子)

佐藤彩

古川浩子

伊藤洋美

カトウユウシ マナ

ナカムラミスズ

ホンダ(ミヤワキ)キヨミ

山下里恵

(株)ミズノテッコウショ

齋藤真弓

江黒由佳Sucreのお客様

ヒロナカヨシコ

サカイノリコ

ハセガワシン

加藤伸子

タニグチゴロウ

サカイノブオ

アーススパイラルナカモリ

ハヤシマサミ

酒井富美

馬場由佳子

佐藤滋高

佐藤善秀

佐藤祥子

ハラダモリヒロ

タカハシアヤオ

飯島俊輔

(株)丸三モータース

サカイタツヤ

加藤伸子

石原実奈子

ヨシダシノブ

迫田 庸恵  

カハ゛ ユウスケ  

山田 久  

吉田 うらら  

特定非営利活動法人(文字数不足で不明)

いび森のようちえんこだぬきファミリー

耕師&おかもと よりたか  

ウエルワンフ゜ロシ゛エクト

泉 惠子  

タカキ゛ マユミ

ほか匿名希望の方々

 

===

240213野菜支援の卵が届いたー中村くらしを見直す会からかなざわオープンキッチン.jpg

 

「能登半島 支援活動概要および活動志縁金のお願い」

https://ugaku.com/free/noto2024





2024-02-13 13:18:00

第5回 能登震災 現地拠点ボランティア 事前説明&情報交換会

2024年2月13日 (火) 20:30 - 22:00

興味がある方にご紹介ください。

https://240213.peatix.com/

参加は20時までに登録必要です。

240101活動支援金募集バナー)能登震災伴走支援.jpg





2024-01-12 01:51:00

お正月の発災直後から情報収集し、小さな活動を始めました。

 

大好きな能登半島へ毎夏、1週間から10日間ほど定期的に通っていた私達は

各地に友人ができ、輪島市門前町在住の親戚もおります。

 

幸いなことに誰も怪我無く無事であったことは不幸中の幸いです。

しかし、ご存じの通り震度7を記録し能登半島の全域で

甚大な被害に見舞われています。

阪神淡路大震災や熊本地震を数倍も上回る余震が続いており、

各地からの支援が必要な状況です。

 

防災士でもあるNPO法人 森の遊学舎の代表:大西琢也は各地の災害において、

現地ボランティア活動や後方支援などを行ってきました。

 

主なものは以下になります。

 

2004年、中越地震(新潟県)では、テント泊で現地支援(子どもの遊び場作りや雨水のトイレ利用システム構築など)を行いました。

 

2011年、東日本大震災の当時は福島県南会津町在住でした。

発災から10日後には、津波被災地域である岩手県や宮城県の沿岸部を訪問し、現地支援を行いました。

その後は、放射性物質の漏洩に対して、心身の保養を行うために「こめらの森・南会津」を設立し、仲間たちと6年半で延べ50回、延べ2000人の子どもたちの支援を行いました。

 

2014年9月の関東・東北豪雨は線状降水帯により南会津地方に甚大な被害を及ぼしました。消防団で徹夜の水防などをした後、被災された民間企業の支援をするため独自にボランティアセンターを立ち上げ、延べ5000枚以上の木材を洗うなどしました。

 

2016年、熊本地震においては、震源地のボランティアセンターを後方支援するべく人材マッチングをしたり、物資などを送り込みました。

 

災害発生から復興までの5段階ー森の遊学舎.jpg

 

2024年、今回の「能登地震」では現在までに、

 

・現地の1次情報収集と共有

・【災害復興支援の5段階】の発信

・「タオルふんどし」の提案

・ボランティア有志の茶話会を主宰3回

・緊急支援物資の募集および購入、仕分け

(子ども15人分の下着、冬服、靴、大人の下着、衛生用品、生理用品、ガソリンなど)

・緊急支援食糧の確保(無農薬の新米60㎏と野菜150㎏)

 

などを有志の皆さんと共に行ってきました。

物資の集積や仕分け作業には一般社団法人 長良川カンパニー事務所を提供いただきました。ありがとうございます♪

 

本日からは輪島市門前町を中心に緊急支援物資および食糧の搬送を行います。

 

その後は、現地から情報収集および発信や支援物資を避難所へ配送したり、

現地の方々と連携しながら活動していきます。

 

現状は小さな自然学校である森の遊学舎や

有志の皆さんの想いで走り出している状況です。

 

どうか私たちの緊急活動をご理解いただき、

共に歩んでいただける方がいらっしゃれば、たいへん心強く、嬉しいです。

 

■活動志縁金・ご寄付・カンパのお願い

 

共感をもって応援して下さる方や遠方や様々な理由で現地へ行けないが想いを共にしてくださる方々は、

活動に必要な志金を援助いただけませんか。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

用途)

現地への緊急支援物資・食糧の購入や支援者派遣に関わる高速代、燃料費、支援に必要な機材購入費、人件費、傷害保険料など。

 

被災者へ分配される「義援金」とは違い、

被災者を支援する活動についてのご寄付となりますのでご理解ください。

 

★お振込み先★

●ゆうちょ銀行口座間の振込

ゆうちょ銀行 記号 10420  番号 25036271

特定非営利活動法人 森の遊学舎

 

●ゆうちょ銀行以外の金融機関口座から

ゆうちょ銀行 店名 〇四八(読み ゼロヨンハチ) 店番  048

普通預金 番号 2503627 特定非営利活動法人 森の遊学舎

 

お手数ですが、

お振込みいただいた方はお名前などを森の遊学舎へメールにてご連絡ください。

 

緊急活動のため、御礼状に代わるメッセージなどは

日々の報告にてかえさせていただきます。

 

https://www.facebook.com/ugaku/

https://www.facebook.com/profile.php?id=61555392736848

 

 

会計報告は別途、活動終了後にさせていただきます。





2023-06-05 23:43:00
≡★参加者10名募集!★≡縄文人になろう!樹皮ムキムキ&手仕事ワークショップ!縄文人の豊かな世界観や知恵に触れ、遊び、学びあう仲間を募ります。
今回は縄文時代にも食されてきた堅果類の一つである「胡桃・くるみ・クルミ」の奥深さを体感してみましょう。まずは胡桃の木を観察しましょう。午前は実際に伐採して樹皮を剥ぐ体験をします。
午後はクルミの樹皮を編んで「コースター」を手作りしましょう!
採取した樹皮の一部は持ち帰ることができますので、学んだことをご自宅でも実践できます。
大量生産から使い捨てになりがちな化学的素材(プラスチックなど)とは違い、
天然素材は「命」そのものです。
一つひとつの材料は個性豊かで、1年のうちでも採取できる時期が短く限定されます。
採取の仕方や無駄なく使いきる知恵を含めて実践的に学び、
かつてあった持続可能な森との関わりをあなたの暮らしの中に取り入れていきませんか。
共同作業とモノ創りは「物語」を育みます。
縄文の記憶を呼び覚まし、一人ひとりの内なる声を表現してみましょう。
愛農かまどで炊いたご飯もお楽しみに!
===
縄文人になろう!樹皮ムキムキ編組体験ワークショップ!~協働(編組ワークショップ)×座学(胡桃のある暮らし)×交流(仲間と出逢う)~2023年6月18日(日)日帰り
「自宅や活動場所にある植物・草木を活用したい。」
「編組(あみぐみ)って、そもそも何ですか?基本から学びましょう。」
「縄文人の暮らしぶりを体感したい。」
「手仕事が好き!天然素材に興味があるので、基本から学べるといいな♪」
「暮らしの道具を自分で作ってみたいけれど、完成できるか不安。必要な材料や道具が解らない。。。」
「天素材はどんな場所で、どんな採取をする?本物を見たい!触れたい!」
「仲間と一緒に持続可能な未来に向かって汗をかきたい!」
「自然豊かな場所で心と身体を解放したい!」など
手仕事を活かして、旬に寄り添った暮らし、
協働の場づくりを実現したい方を対象にしたワークショップです。
会場および材料準備の都合上、予約制とさせていただきます。
シェア、転送、転載など歓迎です。ご協力くださいませ(^O^)/
=======
★日程:
2023年6月18日(日)
※日帰り雨天決行
★申込締切【2023年6月14日(水)】
※先着順で定員になり次第締め切ります。
※材料準備の都合上、お早めにご連絡ください。
===
★対象:小学生以上
※未就学児は保護者同伴でご参加ください。
★定員:10名(最少催行なし、開催決定しています)
※アレルギーや障碍の有無を問いません。ご相談ください。
●会場:Magoemon および 石徹白地区内(いとしろ)
https://www.facebook.com/magoemon.itoshiro/
岐阜県郡上市白鳥町石徹白33‐41‐1
===
★講師:大西琢也 ONISHI Takuya / 火起師
和歌山生まれ神奈川育ち。5歳より富士山登拝。登山歴40年以上、北米・アフリカ・欧州の大陸最高峰に登頂。大学で考古学(縄文)を専攻し、生態系に生かされてきた古今東西の知恵を自らの暮らしで探求しつつ、20代から人と組織の“根っこ”を育む自然学校を運営。地域に根ざした場づくり・まちづくり、ヒトづくりに取り組んでいる。石徹白(いとしろ・岐阜県郡上市)在住。NPO法人 森の遊学舎 代表理事、防災士。愛農かまど伝承者。
動画「愛農かまど物語」 https://youtu.be/SnbgCH7L-gM
===
★参加費(税込)
日帰り:ひとり「7,500円」(中学生以上)
※小学生:3,000円。未就学児:1,500円(食事&材料付)、未就学児500円(食事なし)。
※資料代、材料費、工具レンタル、傷害保険料、講師料、会場費、昼食代などを含みます。
※持ち帰り用のクルミ樹皮付(採取した中から幅2㎝×長1m程度を2本)
※ご自宅から集合解散地までの往復交通費は含みません。
※宿泊費は含みません。
※受付後、事前振込の方法をお知らせします。
===
★宿泊ご希望の方は各自、近隣でご手配ください。
===
★キャンセル規定(参加費&宿泊費):
キャンセル料はプログラム開始日の1ヶ月前同日から発生します。
1ヶ月前~4日前(30%)、
3日前~前日(50%)、
当日(100%)、無連絡(100%)
===
★持ち物:
雨具(カッパ) 上下セット 、汚れてもいい服、長靴(又はトレッキングシューズなど)、
汗ふきタオル、着替え、ゴム付き手袋(子どもは軍手可)、マイカップ、水筒
※動きやすく、汚れても良い服装でいらしてください。更衣室アリ。
※昼食は愛農かまどで炊いた羽釜ご飯(米)とおかずを提供します。
※ご自身の道具には名前を書いてください。
【ご注意】刃物を使いますので、子どももゴム付き手袋または軍手をご準備ください。
===
【スケジュール】
★集合:朝9時30分
【1日目】6月18日(日)
●9時30分 「Magoemon」に集合。
 
●受付など。
●みんなで協力して、楽しい1日をすごしましょう。
●胡桃の観察
●胡桃って何だろう?(座学)
●樹皮ムキムキ開始!!(協働ワークショップ)
●昼食(愛農かまどで炊いた羽釜ご飯)
●各自のコースター作り
●ふりかえり
●16時 終了・解散(予定)
※上記は予定です。終了時間が早くなったり、遅くなったり、
天候、人数などによりプログラムの順序、内容等を変更する場合があります。
===
★お申込方法:
必ず「1家族ごと」にお願いします。
◆下記の入力フォームにて必要事項をご入力の上、
最後に【送信】ボタンを押してください。
※必須項目は必ずご入力ください。ご入力が無いと送信ができません。
※登録ができない場合は以下までご連絡ください。
NPO法人 森の遊学舎
大西琢也
yajin@ugaku.com
090-4014-1164




2022-03-09 15:12:00
【鑽揉式発火具の作成について】

 

各地からお問合せいただきますが、

まずはこちらの記事や資料(添付)をご覧ください。

 

 

子ども農業雑誌『のらのら』2016年冬号の

特集「森にあるもので火をおこそう!」です。

http://www.ruralnet.or.jp/syokunou/201612/03.pdf

 

 

現在、廃刊になっていますが、

このPDFに加えて数ページの特集です。

小学5年生ぐらいを対象に、

発火具を創る基本的なことや極意を

余すことなく写真付きで解説しています。

 

バックナンバーが販売されているかもしれません。

http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54016019/

 

===

 

こちらはアウトドア雑誌『ビーパル』の取材記事です。

 

「山にある木を使って「火おこし」に挑戦してみませんか?」2017.06.15

「森の遊学舎」主宰・大西琢也さんがレクチャー

https://www.bepal.net/know-how/campfire/36237

 

===

 

こちらも参考にどうぞ。

 

火起師(ひおこし)【動画】

真冬の訓練in鋏山(1153m)

https://youtu.be/Bb6DOAm0DF4?list=UUkAvH4gyppfY_QDI1VNUBew

 

★どんなところで火起こしを?(更新中)

火起師(ひおこし) 大西琢也が実践してきた

世界8カ国26地点、国内281地点での錐揉式火起こしを「地図」で表示 【押】

https://drive.google.com/open?id=180QmwgFPTUenZqQY7SOQOrHrdVs&usp=sharing

 

みなさん実践者なので、あとは試行錯誤ですかねー。

 

有料でかまわないので、もっと具体的に深くご希望の方には、こちらをご紹介ください。

 

【火起こし&焚き火 何でも相談室】

 

https://ugaku.com/info/4030177

 

 

◆「火起こし体験ワークショップ」

http://ugaku.com/free/fire

 

 

では!

 

【根っこ】を育む自然学校:NPO法人 森の遊学舎

火起師(ひおこし)大西琢也





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...